ボストンバッグとは

ボストンバッグは旅行用として多く使われることが多い手提げの鞄です。

ボストンバッグというバッグの名前の由来は1917年にアメリカの
ボストン大学で大型の手提げカバンが学生カバンに指定され学生達が
愛用していた事からボストンバッグの名前になったようです。

日本でボストンバッグの製造が始ったのは大正末からのようで、
当初ボストンバッグの開閉は口金式が多かったようですが昭和初期から
ファスナー式が中心になりました。

ボストンバッグは、今では定番の一つになったバッグですが、
日本でボストンバッグの名前が知られ、ポピュラーになったのは1960〜
70年代のようです。

学生用バッグとして大流行した、通称マジソンバッグがきっかけになり、
以来ボストンバッグは定番のバッグの一つになりました。

ボストンバッグはサイズも通学、通勤など普段使える比較的小さなバッグから、
旅行用の容量の大きなボストンバッグまであり、

素材も布製、ビニール製、ナイロン製、エナメル製、レザーなどを使用した
ボストンバッグなど、メンズ、レディース共にボストンバッグも今は種類が
豊富で選択できる幅も広いです。

また、革と着物で作ったボストンバッグもあります。贅沢なコラボレーションの
”和のボストンバッグ”ですね。

形状も和をイメージしたボストンバッグらしく、面白いタイプもあります。
ボストンバッグもお洒落になりました。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら

ボストンバッグと映画

ボストンバッグなど鞄が印象に残る映画があります。

日本の映画で、まず忘れられないのが「男はつらいよ」ですね。
人呼んで「フーテンのトラ」こと車寅次郎の鞄が印象的でした。

トラさんになくてはならないアイテムですね。
こちらは、ボストンバッグではなくトランクでした。

もし寅さんがトランクでなくボストンバッグを持っていたら映画の
イメージも変わったでしょうね。ボストンバッグのイメージも
変わったと思いますけど・・・。

また、映画「大脱走」でスティーブ・マックウィーンがボストンバッグを
手にしていました。

正確にボストンバッグというのか分かりませんが、映画の中で
スティーブ・マックウィーンがボストンバッグを持って初めて
登場する場面は印象的なシーンです。

少しマニアの方には「大脱走」はマックウィーンのファッションと共に
マックウィーンが手にしているボストンバッグも人気があるようです。

オークションでも同じようなタイプのボストンバッグが売られて
いました。

マックウィーンがボストンバッグを持っているシーンが男のバッグとして
雑誌の表紙になるぐらいですから、その人気が分かります。

鞄が好きな方は映画の中にさりげなく登場する鞄に目を向けるのも
楽しいと思います。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら

レスポートサック

レスポートサックは、1974年にニューヨークで第1号が誕生しました。

その第1号のレスポートサックのバッグは、デザインもシンプルなダブルバッグ
だったようです。

その2年後にはレスポートサックの原点とも言われている「トラベルシリーズ」
を発表しました。

中でもレスポートサックのボストンバッグは人気があるタイプで、
レスボートサックはボストンバッグもカラフルで明るい感じでいいですね。

レスポートサックのボストンバッグは、とても軽く、収納力もあるので
旅行バッグには最適です。

また、サイズもミニボストンバッグもあり、旅行以外でも普段使うのにも
いいと思います。

レスポートサックがこだわっているのは、機能性と素材、そしてデザインです。
それは30年以上たった現在でも失われず、しっかりと守られてきている
ようです。

また、レスポートサックは毎月新柄のプリント発表し、常に斬新なデザインを
考えているところも魅力の一つです。

レスボートサックのファンの人は新柄のバッグが発表されると、すぐに
ほしくなってしまうと思いますから、ボストンバッグだけをとっても
たくさん集めてしまうかもしれませんね。

常に進化を続けるレスポートサックの新しいバッグをチェックして、
いち早く手に入れのも楽しいでしょう。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら

吉田カバン ポーター

ボストンバッグはポーターシリーズにもあります。

ポーターは吉田カバンの中でラゲッジ・レーベルと共にファンの多いシリーズで、
安定した人気があります。

どちらかと言えばポーターはメンズのボストンバッグのイメージがありますが、
機能性を重視したシンプルなデザインですからレディースでもメンズでも
ポーターのボストンバッグは使えます。

ポーターシリーズは1962年に登場し、多くの人気バッグを世に送り
出しています。一口にポーターと言っても実に種類が多くなっています。

そのポーターの中で「POSITION」ポジションというシリーズが
主に国内の旅行用のボストンバッグという位置付けになっているようです。

またポーターでよく見かけるバッグは「TANKER」タンカーと呼ばれる
シリーズもあります。

素材はフライトジャケットを代表するMA−1というタイプによく使われて
いるようなナイロン製の生地を使い、裏地がオレンジ色になっているタイプです。

タンカーシリーズは1983年に発売されて根強い人気を誇っているバッグです。
小さめのサイズのボストンバッグもあり、日常的に使えます。

タンカーもポジションも軽くて丈夫がコンセプトになっているようなので
使いやすいバッグだと思います。

吉田カバンのボストンバッグも2つ持っていますが、デザインもシンプルで
使いやすくて気に入っています。

今後もシンプルで使いやすいボストンバッグの新作が登場しそうで楽しみです。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら

アディダス

アディダスはファッション感度のよさと、機能性の高さが人気のスポーツ
ウェアブランドです。

ボストンバッグを通販サイトで見ていたらアディダスのボストンバッグで
ウィンクル エナメル ボストンバッグというのがありました。

シワ加工を施したエナメル素材のボストンバッグで、シワ加工をしてあるので
エナメルの素材にありがちな光沢感が抑えられています。

スポーツタイプのボストンバッグですが、落ち着いた印象で荷物が多い人が
日常使えそうなボストンバッグだと思います。アディダスブランドを象徴する
3本ラインはしっかり目を引きます。

アディダスとプーマはスポーツ・シューズメーカーとして多くの支持を
受けていますが、今後はボストンバッグなど魅力的なバッグも期待したいです。

既に有名な話でもありますが、実はこのアディダスとプーマというメーカーは、
アディ・ダスラーとルドルフ・ダスラーの兄弟によってそれぞれ設立された
会社でした。

1948年、兄のルドルフが「ルーダ(のちのプーマ)」を、弟のアディが
「アディダス(名前のアディ・ダスラーから)」それぞれ創業しました。

古着ショップにはシューズやジャージなどと同様にアディダスやプーマの
ボストンバッグなどのバッグ類もヴィンテージ物として置いてあるかも
しれませんから、ボストンバッグ好きなら気になるところですね。

またアウトレットの店でも掘り出し物が見つかりそうです。八王子にある
「ラ・フェット・タマ」や、御殿場にある「プレミアム・アウトレット」に
アディダスやナイキも入っています。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら

旅行、スポーツなど

ボストンバッグの素材も、いろいろありますが、やはりレザーのボストン
バッグは1つは持っていたいですね。私も皮の吉田カバンのボストンバッグ
を持っています。

皮のボストンバッグを使い込んで、自分に馴染むボストンバッグにしていくのも
いいですね。

私は大きめの鞄が好きなので、ボストンバッグにゴゾゴソと
物を詰め込むのが好きです。

サイズもミニのボストンバッグなら旅行用としてだけでなく通学や、通勤にも
使えます。今はボストンバッグも日常的に使えます。

女性がトートバッグのように、ボストンバッグを肩に掛けて歩く姿も素敵だと
思います。

以前に若い女の子が持っていたボストンバッグがメンズだと思いましたが
身体の大きさに対して大きめのボストンバッグでしたが似合っていました。

吉田カバンが人気が出たことで、鞄自体が人気になり
機能的でデザインも優れた鞄が多くなりました。

特に吉田カバンのような鞄はメンズとか、レディースとか関係なく使えますし
ボストンバッグなどはメンズっぽい大きめのデザインの物を女性が持っても
似合うと思います。

また(adidas)アディダスのようなボストンバッグはスポーツタイプの
ボストンバッグですが

現代はスポーツブランドのボストンバッグもタウンユースを意識して作られて
いるようです。

アディダス(adidas)、プーマ(puma)、ナイキ(nike)などのボストン
バッグはよく見かけます。

最近のスポーツブランドのボストンバッグはデザインもいいの物が販売されて
いますからスポーツの時に使うだけでは、もったいないぐらいですね。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら

サマンサ タバサ

高級ブランドと言われている、グッチ、プラダ、コーチ、シャネル、
ラルフ ローレン、バーバリー、ルイ ヴィトン 、ダンヒル、フェリージ、
などの人気のボストンバッグは定番のバッグも多く

セレブ?と言われる人も旅行や移動にボストンバッグを愛用しています。
ファッションの1部にボストンバッグもなっています。

女性には”Samantha Thavasa”(サマンサ タバサ)のボストンバッグも
人気があるようです。華やかなイメージのバッグが多く海外のブランドの
ように感じてしまいます。

サマンサタバサのレディースのボストンバッグはファッション性豊かです。

特にボストンバッグはセレブな人たちが、旅行や仕事などの移動で持つことも
多いので目立つバッグかもしれません。

サマンサ タバサはバッグの輸入会社を経営していた寺田和正氏が1994年に
創業しました。

正式な社名は”株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド”で外資系企業の
日本法人のように感じられますが、しっかりとした日本の企業です。

社名に”ジャパンリミテッド”とついているのは、国際的なブランドにする
意志を表しているそうで、

ヒルトン姉妹やヴィクトリア・ベッカムなど海外のセレブを社長自らが
交渉して積極的にプロモーションモデルに起用し、国内だけでなく海外へも
販売網を広げているようです。

今後も、日本のバッグ業界をリードして行くと思います。

海外ブランドのボストンバッグは人気がありますが、日本のメーカーからも
優れたボストンバッグが発売されているので楽しみです。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら