ボストンバッグとは

ボストンバッグは旅行用として多く使われることが多い手提げの鞄です。

ボストンバッグというバッグの名前の由来は1917年にアメリカの
ボストン大学で大型の手提げカバンが学生カバンに指定され学生達が
愛用していた事からボストンバッグの名前になったようです。

日本でボストンバッグの製造が始ったのは大正末からのようで、
当初ボストンバッグの開閉は口金式が多かったようですが昭和初期から
ファスナー式が中心になりました。

ボストンバッグは、今では定番の一つになったバッグですが、
日本でボストンバッグの名前が知られ、ポピュラーになったのは1960〜
70年代のようです。

学生用バッグとして大流行した、通称マジソンバッグがきっかけになり、
以来ボストンバッグは定番のバッグの一つになりました。

ボストンバッグはサイズも通学、通勤など普段使える比較的小さなバッグから、
旅行用の容量の大きなボストンバッグまであり、

素材も布製、ビニール製、ナイロン製、エナメル製、レザーなどを使用した
ボストンバッグなど、メンズ、レディース共にボストンバッグも今は種類が
豊富で選択できる幅も広いです。

また、革と着物で作ったボストンバッグもあります。贅沢なコラボレーションの
”和のボストンバッグ”ですね。

形状も和をイメージしたボストンバッグらしく、面白いタイプもあります。
ボストンバッグもお洒落になりました。

>>ボストンバッグ 楽天市場の詳細はこちら